麹町・半蔵門の鍼灸は「ワタナベ治療院」へ

鍼灸の患者様症例

当院はごあいさつの通り、以前は鍼灸一筋で施術をしていましたが、鍼灸の力だけでは限界を感じ、現在は東洋・西洋両方の医学に精通し、独自の治療を追及する中で、凝りによるリンパの詰りを流すマッサージ、本来の筋骨格を正しく機能させるための運動療法を加えておあげることで、確実に改善する療法を行っております。

どの症状も基本は 筋肉が硬くなって 関節の可動域が狭まり 周囲に負荷がかかり 症状として表れているといえます。

みなさまがよくお悩みとしてご相談される症例ごとにご説明しておりますので、よろしければお目を通されてみてくださいませ。
これから当院で、私が診ました患者様の中から心に残りました症状を載せさせていただきます。

特に痛みは、人それぞれ場所や度合違いますが、自分に照らし合わせ似たような症例があり

お役に立てたら幸いです。