麹町・半蔵門の鍼灸は「ワタナベ治療院」へ

坐骨神経痛の症状

座位の姿勢で長時間仕事する人や(ランニングの走行距離の長い人、スピード練習を多くする人)が多く、座っていると足が痺れたり、冷たく感じる

 

坐骨神経痛とは

長時間座ることや走ることで、体重過重、地面からの衝撃など臀筋を刺激することにより硬縮し坐骨神経を圧泊することで起こる

 

坐骨神経痛の原因

臀筋の硬縮により、仙腸関節のずれ・ゆがみなどで、坐骨神経の走行点(梨状筋)を圧泊することにより足への放散痛、冷えが起こる

 

当院での、坐骨神経痛の改善法

後・前腸骨筋、の起始部筋を中心に下肢の筋肉骨盤回りの筋肉を鍼・マッサージで緩和し運動療法にて坐骨付近の筋肉の機能回復させます。